Petit JP01 2021年6月部分改訂 <新十津川町>

札幌から車で約1時間半。空知地方中部に位置し、人口約6500人※が暮らすのどかなまち。

秀峰ピンネシリが見守る大地には石狩川や徳富川、総富地川の清流が流れる。

その水に支えられ、稲作は道内でも指折りの規模。特に酒米は作付面積全道一を誇る。

奈良県十津川郷からの移住者が拓いたこのまちは、その先人たちの誇り高い精神を受け継ぎながら、豊かな自然と共にたくましく生きている。

そんなまち、新十津川町を紹介しよう。

※令和3年6月現在

デジタルブックで読む