デジタルブック「Petit JP01」

Petit JP01 2020年3月 <南るもい>

無料の高規格道路である深川・留萌自動車道が、令和2(2020)年3月28日に全線開通。これにより、札幌や旭川から留萌地域へのアクセスが今まで以上にしやすくなった。

新たに開業する留萌インターチェンジがある留萌市は、国の重要港湾を有する港町で、かずの子などの水産加工業が盛ん。留萌市の南側には増毛町、そして北上すると小平町がある。増毛町には日本最北の酒蔵である國稀酒造があり、明治から昭和にかけて北海道がニシンの豊漁に沸いていた時代の歴史的建造物が今もなお残るノスタルジックな街並みだ。留萌市の北側に位置する小平町は道内有数の化石スポットであり、おびらしべ湖ダム公園には、町内で化石が発見されたクビナガリュウとカモ)ハシリュウのモニュメントがある。

留萌市、増毛町、そして小平町の3市町からなる南るもい。このエリアは北海道の日本海側を走る絶景ドライブルート「オロロンライン」沿いにあり、海に沈む夕陽が美しい景勝地としても知られている。絶景と絶品グルメが待つ南るもいに、深川・留萌自動車道を使って遊びに行こう。

デジタルブックで読む

Petit JP01 2020年3月 <留萌町>

北海道の北西部、日本海沿岸に位置する留萌市。国の重要港湾でもある留萌港を舞台に、昭和30年ごろまではニシン漁とともに発展した港町だ。現在は、ニシンの卵である「かずの子」の加工生産量日本一を誇る水産加工業が盛んなまちであり、留萌エリアの経済・交通の中心地としての役割も担っている。 2020年3月28日には深川留萌自動車道…

Petit JP01 2020年3月 <小平町>

小平の町名は、白亜紀の化石の産地として知られる小平蘂川がアイヌ語で「オ・ピラ・ウシ・ペッ(河口に・崖・ある・川)」と呼ばれていたことが由来。かつては川の名と同じ小平蘂村だったが、昭和23(1948)年に小平村に改称した。 留萌市の北で日本海に面し、豊かな山林に囲まれている。江戸時代から大正時代にかけてニシン漁で繁栄。道…

Petit JP01 2020年2月 <むかわ町>

道央圏の南方、胆振管内の東端に位置するむかわ町。南部は太平洋に面し、北部の三方は日高山脈系の山々に囲まれ、その山々に源を発する長さ135㎞の清流、鵡川がまちを南北に流れる、自然環境に恵まれた細長い地形をしたまちだ。海側にあった旧鵡川町と山側の旧穂別町が平成18(2006)年に合併し、新「むかわ町」が誕生した。 海岸沿い…

Petit JP01 2020年1月 <八雲町>

八雲町は北海道渡島半島の北部に位置し、東は太平洋(噴火湾)、西は日本海に面している。二つの海を持つ町は日本では唯一ここだけである。海産物の種類の豊富さは言うまでもないが、山も川もある多様な地形は漁業・水産業だけではなく農業や商工業の発展にも寄与したことだろう。 人が動けば地域が元気になる。どこのまちにもキーパーソンがい…

Petit JP01 2019年3月 <新十津川町>

札幌から車で約1時間半。空知地方中部に位置するのどかなまち、新十津川町。 石狩川とその支流の清らかな水に支えられる、道内有数の米作が自慢のこのまちは、明治時代に奈良県十津川郷からの移住者たちによって拓かれた独特の歴史を持つ。 自然と共にたくましく生きる、先人の誇り息づく実りの地、新十津川町の魅力をご紹介しよう。

Petit JP01 2018年11月 <上士幌町>

日本一広い国立公園「大雪山国立公園」の東山麓に位置し、町内の約76%が森林地帯という、豊かな自然に囲まれた上士幌町。なんと2015年から人口が増え続けているのだ。 まちの主要産業から移住定住への積極的な取り組み、SNS映えする魅力的な観光スポットや隠れた名所、特産品やソフトクリームまで盛りだくさん。上士幌町の「今」を知…

Petit JP01 2018年8月 <秩父別町>

「屯田の鐘」の役目を受け継ぐ巨大な鐘が時を知らせる秩父別町。 「鐘のなるまち」の由来となるその鐘が設置された百年記念塔を中心に、さまざまな施設が集まり町の魅力を引き立てているのが、町の中心部に広がる「ベルパークちっぷべつ」だ。 話題のこども屋内遊技場「キッズスクエア ちっくる」や、2018年7月には新施設がオープンする…