デジタルブック「JP01」

JP01 Vol.30 2022年夏号 <アドベンチャートラベルと旅の未来形>

どこにでもあるような草が、実は、
貴重な薬草と知っていれば、見方も変わる。
その薬草の効果を体験した人であれば、
絶やさないでほしい、と強く感じることだろう。
山や森、川、海。植物や野生動物、野鳥、海洋生物。
その恩恵で成り立つ産業。先人が残した知恵、物語、風習。
身の回りにある北海道の日常も、もっと知る機会や、
体験する機会が増えれば、価値が大きく変わるはず。
今回の特集では、北海道の自然・文化の体験を通じて
環境や地域コミュニティなどを守り続けることにつながる
「アドベンチャートラベル」と「旅の未来形」をご紹介。
新しい観光の波が、目の前に来ています。

デジタルブックで読む

JP01 特別号 2022年6月 <ふるさと納税の使い道 in北海道>

生まれた故郷や応援したい自治体に寄付できる「ふるさと納税」。 寄付者は、自治体が設定した寄付金の使い道を選ぶことができる。 多くは「子育て・高齢者支援」「環境保全」などの大きな枠組みだが、具体的な使途を設定しているところもある。 ここでは、道内でユニークな寄附金活用に取り組む自治体を紹介。 あなたの寄付が、まちを輝かせ…

JP01 Vol.29 2022年冬号 <北海道の温泉と風呂文化>

秘湯で疲れをとっていたアイヌの人々。 湯治が好きだった松前藩の殿様。 道内保養地で傷を癒やしていた日露戦争の傷病兵の人々。 高度成長期に北海道旅行で感動した観光客の人々。 今も昔も、みんなみんな北海道の温泉が大好き。 温泉地の数は、北海道が日本一、という人もいるが、 それならば、ラーメンやお酒のように、 中身についてや…

JP01 Vol.28 2021年秋号 <食品原材料の世界>

世界遺産が認めた日本の食文化。 これを支えている国内随一の生産拠点「北海道」。 しかしこの1年半、外出自粛の呼びかけにより、外食や旅行みやげなどが多大なマイナス影響を受け、北海道の一次産業にも波及した。 そして迎えた新しい時代。 この実りの秋、収穫の秋に改めて、「食品原材料の世界」を特集。 ぜひ、みんなで生産者を応援し…

JP01 vol.27 2021年夏号 <シン・北海道観光>

新型コロナウイルス感染症の実態はまだ解明されていない。 そして、感染が拡大すれば「外出自粛」が呼び掛けられる。 北海道の主力産業として、地方創生の切り札として、地域の人々が情熱を注ぎ、JP01も創刊以来追い続けてきた北海道観光のムーブメントをこのまま終わらせてはいけない。 そこで今回の特集は、 シン・北海道観光。 それ…

JP01 vol.26 2021年冬号 <木のちから>

木のぬくもり、感触の柔らかさ、木目の美しさに心が和んだ経験は誰しもあることだろう。 木漏れ日の道を歩く時、ヒノキのお風呂に入り木の香りを感じる時、木がもたらす穏やかな感覚は古から日本人のDNAに刻まれていたかのように感じられる。 本特集は北海道の「木」がテーマ。 木の魅力、木の不思議、木の持つ力を、北海道の林業や木に関…

JP01 vol.25 2020年春号 <北海道の酒旅>

雄々しい山々で磨かれた清水、大地でのびのびと育った米。 北海道に根差した日本酒は、大自然と匠の技とのコラボレーションだと思うのです。 その味に地元民だけでなく、今や多くの人々を虜にする魅力が詰まっています。 知れば知るほど飲みたくなり、飲めば飲むほど奥深い世界が見えてくる。 今宵はぐいっ、ちびちび、きゅっと、いかがでし…

JP01 Vol.24 2020年冬号 <今、知りたい アイヌの世界>

それは、自分がいつしか忘れてしまった人間らしい何かだったり、直感的にかっこいいものや、おいしそうなご飯だったり。 本州からの輸入文化じゃなく、北海道という土地にもオリジナル文化があるんです。 心が動く、5感が動く「JP01」 実は詳しく知らない北海道のネイティブ文化、出合ってみませんか。 アイヌ文化といえば昭和の頃の土…

JP01 Vol.23 2019年秋号 <ナイトツーリズム>

「夜の観光」という言葉を 最近よく耳にするようになりました。 北海道には夜の観光が少ない!なんて声も聞きますが、想像しているよりも、ずっと多いって知ってました? そういうわけで、今回の特集は「ナイトツーリズム」。 しっかり予定を組んだ旅行の「夜のレジャー」も出張で訪れた繁華街でご当地の肴をアテに一杯飲むのも言ってしまえ…

JP01 Vol.22 2019年夏号 <おさかなツーリズム>

うまい魚が食べたいな。 なんていきなりですが、 そんなことを思ったことはありますか? 北海道外の人からすると 回転寿司ひとつ取ってもおいしさが全然違〜う! と言われたりするように 北海道に住んでいれば、 わざわざ「うまい魚」のことを考えないかもしれません。 そういうわけで、今回の特集は「おさかなツーリズム」。 北海道の…

JP01 Vol.21 2019年春号 <北海道のスポーツ>

春が、きました。 北海道の長い冬が終わりました。 季節も心も、どんどん開放的になっていきます。 心が弾めばふしぎと体も弾みますよね。 春というのは、動き出すのに一番いい季節かもしれません。 そういうわけで、今回の特集は「北海道のスポーツ」。 北海道のスポーツと聞くと思い浮かぶのはやっぱりウインタースポーツ。 けれど、実…

JP01 Vol.20 2018年冬号 <北海道のものづくり>

アイヌの工芸品のように 暮らしの道具が芸術にまで昇華したもの。 旭川の家具、小樽のガラスのように歴史において必然性があって生まれ、一大産業として発展したもの。 シカ革に見られるように、有史以前から利用されていたものが 再び価値を見出された資源を活用したもの。 こうした北海道の地域に根付いたものづくりにスポットを当てた。…