トピックス

「北前船」の歴史をたどりながら、小樽・北海道の発展を考える地域ブランド~小樽「UNGA↑(うんがぷらす)」~

北海道有数の観光都市小樽市。年間約800万人が訪れる一方、道内の他の地方都市と同じように小樽も高齢化・過疎化が進み、人口は年々右肩下がりの状況です。地域経済においても、隣接した札幌市の発展を尻目に、残念ながら長らくの停滞が続いています。そんな小樽の現状を懸念し、よりよい小樽の未来を夢見て地域での連携に力を入れているのが…

学ぶ , 後志 , 観る , 食べる

北海道からはじまる船旅発掘 [第5回] JP01が行ってみました、「さんふらわあ」の船旅! その1「苫小牧~大洗18時間15分の船旅の醍醐味」

夜行列車の旅。北海道と本州を結ぶそれは、平成28(2016)年の急行「はまなす」(札幌~青森)を最後に叶わなくなって久しい。が、夜行列車の旅に匹敵するいろいろなドラマが生まれうる旅を、苫小牧発大洗行き「さんふらわあ」で行く旅行でJP01編集部員が直接体験してみました!

北海道からはじまる船旅発掘 , 特集 , 胆振 , 観る , 遊ぶ , 道内全域 , 食べる

札幌中心部から日帰りで行ける〝極上のパウダースノー〟のスキー場 〜札幌国際スキー場〜

首都圏と違って、札幌市民は、スキーをするなら日帰りで行く、というのは普通にあることなのです。札幌市郊外にはいくつもスキー場があり、小・中学校ではスキー授業もある程です。最近では、小学生のスノーボーダーも増えて来ており、スノーボードデビューも他の地域より早いかもしれません!

特集 , 石狩 , 遊ぶ

然別湖の圧倒的な自然と、人々が織りなす厳寒の湖上を楽しむ空間、「しかりべつ湖コタン」

標高810Mという、北海道で一番高い場所にある天然湖、「然別(しかりべつ)湖」。大雪山国立公園内の雄大な自然に囲まれているこの湖は、冬になると北海道の厳しい寒さのために結氷し、真っ白な世界に変わります。この湖の上で、1月の末から、わずか60日間だけ幻の村が現れます。それが「しかりべつ湖コタン」です。

イベント , 十勝 , 観る , 遊ぶ , 食べる

「冬のJP01まつりinチ・カ・ホ」 -ご当地キャラクター編-

2020年1月30日(木)・31日(金)の2日間、札幌駅前通地下歩行空間(通称チ・カ・ホ)北3条交差点広場(西)にて、「冬のJP01まつりinチ・カ・ホ」を開催いたします。期間中、全道各地から旬のおいしいものやまちの特産品がJP01とともにチ・カ・ホに大集合します! この記事では、前回に続きJP01まつりに参加する各市…

イベント , 石狩 , 観る , 遊ぶ , 道内全域 , 食べる

今年のテーマは「北海道の銀河系」!? 第45回 層雲峡氷瀑まつりが1月23日(木)から開幕!

北海道のほぼ中央に位置する、層雲峡温泉。大雪山系の黒岳(標高1,984m)の麓にあるこの温泉は標高600mにあり、イベント期間中は例年、平均気温が-10℃〜-20℃になる事もあります。 そんな寒さを生かして開催される、氷瀑まつり。地元スタッフが水を吹きかけて作った氷像や滑り台が人気です。

イベント , 上川 , 観る , 遊ぶ

チ・カ・ホで開催の「JP01まつり」に幻の今金男しゃく&贅沢カレーがやってくる!

JP01最新号の106ページでもご紹介しているジャガイモ「今金男しゃく」と、その今金男しゃくと黒毛和牛が入った「今金男しゃく黒毛和牛カレー」(辛口・中辛2種)がJP01まつりの会場で販売されます! 現在約9割が首都圏へと出荷されており、地元ではなかなか手に入りづらく「幻のジャガイモ」とも言われる「今金男しゃく」。同じく…

イベント , 檜山 , 食べる

日本で唯一流氷がくるオホーツク海に面した「流氷の町」紋別市で、第58回「もんべつ流氷まつり」が開催!

1963(昭和38)年から始まり、今年で58回目を迎える「もんべつ流氷まつり」。 今は「流氷の町」という表現が定着した紋別市ですが、かつては海が閉ざされるため、地域住民は流氷の到来を歓迎していなかったそうです。 そんな厄介者を地域活性化に結びつけるべく考案されたのが「流氷まつり」です。

イベント , オホーツク , 観る , 遊ぶ , 食べる

北海道後志地方の食材で作る食べるスープ「しりべしコトリアード」のフェアが2月1日より開催されます

「しりべしコトリアード」というものをご存知ですか? なかなか聞きなれない言葉かと思いますが、これ、後志の食材を使ったおいしいスープなのです。「コトリアード」とは、フランスのブルターニュ地方の郷土料理で、魚介の旨みたっぷりの“白いブイヤベース”とも言われる料理です。 そんなコトリアードを後志流にアレンジしたのが「しりべし…

イベント , 後志 , 食べる